teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:45/319 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

埼玉県行田市・市費負担教員

 投稿者:昔のかんりにん  投稿日:2011年 9月 3日(土)11時20分20秒
  通報 編集済
  昔のかんりにんです。

今年、採用試験がNGだったけどどうしても教員をやりたい!という方、
1年間限定の任用ですが埼玉県行田市が市費負担教員を募集してます。

http://www.city.gyoda.lg.jp/40/02/14/kyoiku/iinkai/gakko_kyoiku/kyoin_siken.html

行田市では市内小中学校で少人数学級編成を独自におこなっているため、
通常の既定人数で不足する分の教員を市費で雇用しています。
通称「浮き城(=行田市の城・忍城のこと)先生」ですが、
最近ではブームにあやかり「のぼうの城先生」というのかな。

1年間の派遣社員みたいな感じですが、待遇は県費負担と同水準で、社会保険等あります。
また配属先の学校では浮き城先生と他の正採用の先生の扱いの差はほとんどありません。
ただやはり将来、正採用の可能性がある20代の方の採用が多いようです。
35歳までという年齢制限もあります。

採用試験の敗者復活戦みたいな雰囲気で全国から応募者が集まるので、
実はけっこう競争率は高く激戦みたいです。
でも、来年2~3月まではっきり決まらない臨時採用をあてにするよりは
確実に結果は分かりますし、採用試験の場数を踏むという意味でもいいかもしれません。

また、1年間を学校現場で実践するということは翌年の採用試験でも大きな力になり、
実際、1年後に採用試験に合格して他都道府県へ旅立っていく先生も多数いるみたいです。

埼玉に引っ越してでもとにかく先生になりたい、
という方がいらっしゃいましたらぜひチャレンジしてみてください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:45/319 《前のページ | 次のページ》
/319