teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. あかさたな(3)
  2. 尖閣(0)
  3. ビジネスと政治を両立するにはどうしたらいい?(0)
  4. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/2433 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

名護市長「沖縄の現状は植民地」 米で市民団体に説明

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月 1日(月)07時05分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  名護市長「沖縄の現状は植民地」 米で市民団体に説明


朝日新聞デジタル 5月31日(日)19時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000036-asahi-pol


名護市長「沖縄の現状は植民地」 米で市民団体に説明


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、同県名護市の稲嶺進市長らが市民団体と意見交換した=米ワシントン


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画をめぐり、同市の稲嶺進市長は30日(日本時間31日)、米ワシントンで市民団体と意見交換会を開いた。移設反対を訴えるため訪米中の翁長雄志知事に同行している稲嶺氏は、移設作業が続く沖縄の現状について「植民地と言っても過言ではない」と市民団体側に説明した。


【写真】米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、沖縄県名護市の稲嶺進市長らが市民団体と意見交換した=米ワシントン

 稲嶺氏や、那覇市の城間幹子市長らが会ったのは、米国内で反戦や女性の権利を訴える複数の市民団体のメンバーら約10人。稲嶺氏は戦後70年たっても全国の米軍専用施設の74%が沖縄に集中していると説明し、「どこの国でもこれだけ差別的な扱いはないと思う」と語った。

 また、辺野古の米軍基地前や海上で移設反対派と県警、第11管区海上保安本部が衝突している写真を紹介し、「県民同士を対立させ、分断させるのは植民地政策の常套(じょうとう)手段だ」と日米両政府を批判した。
.
朝日新聞社


最終更新:5月31日(日)23時0分


----------------------------------

沖縄のニュースを見ていると、何でこんなにも哀れなのかと思う。
独立精神のかけらもない。
父祖から受け継いだ自分達の沖縄を自分達の手で守る気などさらっさらない。

沖縄は何でかくも朝鮮の雰囲気と似ているのか。
矢張り植民地として生きることが長すぎて独立精神の何たるかを忘れさせられた者の共通認識なのだろう。インドでもそうだった。植民地と国家として独立すべきだという者がいたのである。これを敢然と打ち破って独立インドの大義に立ったのがガンジーである。だから彼はマハトマ(偉大な魂)なのである。

翁長沖縄知事やこの稲嶺進名護市長は二流どころか、五流以下の人間である。「沖縄は植民地である。」と言うなら「その通りだ。」と言おう。そしてこうも言おう。「沖縄を植民地にしているのは独立精神無き諸君自らだ。」と。支邦が狙っている尖閣諸島は沖縄県の土地である。それにも関わらず、彼らの口から尖閣を守るという言葉は聞かれない。その彼らのどこに独立精神があるのか。

今の沖縄の政治家とマスコミを支配するものこそ植民地根性である。


先人の心を勝手に創作するな。
沖縄の心を取り戻せ、日本人の心を取り戻せ、人間の心を取り戻せ。


独立の何たるかを知らぬ井の中の蛙、沖縄


独立精神を捨てて自ら植民地となっている沖縄。
その自覚すらない哀れな沖縄





 
 
》記事一覧表示

新着順:24/2433 《前のページ | 次のページ》
/2433