teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. あかさたな(3)
  2. 尖閣(0)
  3. ビジネスと政治を両立するにはどうしたらいい?(0)
  4. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:167/2438 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中谷元防衛庁長官「卑怯な論法だ」

 投稿者:管理人  投稿日:2013年10月27日(日)09時28分25秒
  通報 返信・引用 編集済
  中谷元防衛庁長官「卑怯な論法だ」

 唐元国務委員の発言に反発 北京で日中政財界人フォーラム



2013.10.26 22:40 [中国]

北京市内で開かれた「北京-東京フォーラム」で講演する中日友好協会会長の唐家セン元国務委員=26日(共同)


 【北京=川越一】日本と中国の政財界人らが日中間の課題を話し合うシンポジウム「東京-北京フォーラム」が26日、北京市内で開かれ、基調講演で中国政府の主張を代弁した唐家セン元国務委員(中日友好協会会長)の発言に、自民党の中谷元・元防衛庁長官が「卑怯(ひきょう)な論法だ」などと反発した。

 9回目となる今回のテーマは「東アジアの平和・発展と日中両国の責任」。唐氏は尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる問題で、「日本政府による国有化で両国関係が最も厳しい局面に陥った。歴史問題が過熱し、解決の難易度を高めた」などとし、尖閣をめぐる問題の棚上げと歴史の正視を日本側に要求した。

 さらに、「中国側は自制を保っていた。領土主権維持のため対抗措置を取らなければならなかった」などと日本批判を展開した。「一部の国が東アジアの一体化を妨げようとしている」と米国にも矛先を向けた。

 これに対し、中谷氏は唐氏が退席した後の討論会で、「あまりにも気配りがない」「言いっぱなしというのがあるが、これは失礼で論法としても卑怯だ」と批判。「マナーと発言内容は国際水準に達していないのでは」「経済大国にはなったが、頭の中は改革が進んでいない」などと苦言を呈した。




 
衝突回避の方策議論 日中政財界がシンポ


2013.10.26 08:39 日中関係

 日本と中国の政財界人やメディア関係者らが両国の課題を話し合うシンポジウム「北京-東京フォーラム」が26日、北京で開かれる。沖縄県・尖閣諸島をめぐる対立で日中間の緊張状態が続く中、偶発的な衝突回避に向けたメカニズムの構築模索が狙い。

 今年のテーマは「東アジアの平和・発展と日中両国の責任」。政府間の対話が停滞する中、民間主導の議論を通じ、戦争を起こさないことや東シナ海での危機管理を両国政府に呼び掛ける「北京コンセンサス」の発表を目指す。

 フォーラムは27日までで、日中のパネリスト約60人が参加し、政治や経済、安全保障、メディアの在り方について、分科会や全体会議で討論。27日には福田康夫元首相の特別講演も予定している。(共同)




 

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:167/2438 《前のページ | 次のページ》
/2438