teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. あかさたな(3)
  2. 尖閣(0)
  3. ビジネスと政治を両立するにはどうしたらいい?(0)
  4. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:66/2438 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

権力と結ぶやくざ集団が統一派の先頭

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 4月 9日(水)20時49分1秒
  通報 返信・引用
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成26(2014)年4月4日(金曜日)
        通巻第4198号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 台湾マフィア「白き狼」が馬英九支持のデモを仕掛けたが

   権力と結ぶやくざ集団が統一派の先頭とは皮肉な時代錯誤

****************************************

 「中国統一推進党」なる政党が台湾に存在する。代表者は張安楽という。
四月一日はエプリルフール。同党が中心となって、「国会選挙中の学生は不正行為。国会から速やかに大挙せよ」と四時間にわたってデモ行進を行った。
つまり国民党統一派の第五列である。張安楽は、このデモ行進には加わらなかったが、台湾の政治通なら、この背後に彼の存在があることを知っている。

そそもそも「白き狼」の異名をとる張安楽とは何者か? かれは台湾のやくざ「竹連幇」のボスで中国大陸で十七年服役した後、2013年に台北へもどり百万元(台湾ドル、邦貨換算で350万円)の保釈金を支払って釈放され、町中へ消えた。警察の調査では新北市中和区に隠れ住んでいるらしい。

「国会を占拠している学生指導者の陳為旺と林飛帆は学生を雇っている」と張安楽は発言したらしいが、いみじくも蒋介石時代の学生デモが国民党が雇用したやらせだった時代の発想から抜けきれない証拠だろう。彼の認識では自発的は学生参加の政治行動など考えられないのである。

 「太陽花学運(ヒマワリ学運)」リーダーの林飛帆氏(台湾大学大学院生)と陳為廷氏(台湾清華大学大学院生)に対する謀略的誹謗中傷が繰り返されている中、中国と台湾の実質的なFTA(自由貿易協定)に当たるECFA(両岸経済枠組み協定)の後続措置となるのが「サービス貿易協定」である。

 この審議過程が「民主的でない」というのが学生らが立ち上がって理由である。

 「サービス自由貿易協定」は昨年六月に署名されたが、銀行、eコマース、ヘルスケアが自由化されれば、台湾人の雇用が奪われるばかりか、言論の自由が脅かされ、自由な出版が圧迫されると学生らが反対理由を述べている。

 国会占拠は3月18日に始まり、馬英九の似顔絵には「中国の手先」とかかれ、「反暴力」「フリー台湾」の旗が林立した。


 ▲学生はいったい何に反対しているのか?

 これら学生が呼びかけた大規模な抗議集会が3月30日に開催され、50万人が集まった。
 彼らの反対理由は「このサービス貿易協定は、法律上の規制と監督を受けないことになっている。われわれは両岸(台湾と中国)が将来的にどのような経済・貿易交流になったとしても、法治の基礎があるべきだと考えるし、交渉の前後において明確な監督システムが必要だと要求している。両岸の経済と貿易関係を維持しようとするなら、法制的に行うべきだ」とするもの(東洋経済オンラインのインタビュー)。

 4月3日、行政院は「監視するメカニズムをつくる」と懐柔案を学生に示したが「これは欺瞞。我々はだまされない」としてはねつけた。

3月18日から開始された学生の国会選挙は「ひまわり運動」と呼ばれるようになった。
しかし学生らのなかに過激派が潜入し、あるいはマフィアの一員が学生を装って行政院に殴り込んで器物損壊など暴力行為にでたため警官隊が導入され、流血の騒乱となった。多くのけが人が出たのも催涙ガスのほか、官憲が棍棒で学生らを殴りつけたからだった。

学生らを心情的に支援する婦人グループが警官と学生の間に「グリーンガード」を築き、これ以上の警官の介入を防ぐ。学生をまもるために国会前の青島路(台北の永田町)には学生を支持する市民が数千名がまわりをとりまいて学生らを守っている。

かくして政治にやくざが介入したりしたため世論は硬化し、学生を支持する人々が国民党系のメディアの世論調査でも過半数、ついに馬英九は「学生が国政に関して発言するのは良いことだ」などと言い出した。

新党は議席を持つ統一派の政党で、外省人の子弟らが中心。「国会選挙中のひまわり運動の学生らは中国の利益を代弁しない」と批判すれば、学生らは「われわれは中国人ではない。われわれは台湾人である」と応じた。

▲与党国民党に亀裂

国民党内に鋭角的な亀裂が入った。
もともと国民党は蒋介石時代と様変わりして、多くの本省人が議席を得ている。その代表格が国会議長の王金平である。

馬英九にとって党内最大の障害物で、馬が提出した議案を片っ端から国会で蹴飛ばしてきた王を陰謀で排斥しようとしたが、みごとな失敗に終わった。
この事件は13年九月のこと、ある民事裁判への仲裁を頼んできた後援者と王金平との電話を盗聴した当局がテープを公開して、金平を党籍除籍処分としたところ、むしろ「盗聴したことが違法」とする世論に押され、王はそのまま居座ってきた。

もし党籍が剥奪されれば王は比例代表区のため自動的に国会議員の資格を失い、議長の座を引きずりおろされるところだったのだ。

王は党内の主席選挙でも馬と争って、惜敗した。党の総裁選公認候補選挙だった。
次の国民党主席選挙は秋に予定されるが、馬の再選の可能性が日々薄くなっている。年末に迫った五大市長選挙(台北、新北、台中、台南、高雄)の候補者は国民党主席が最終的な決定権をもっており、高雄と台南は民進党の牙城。順当に行けば台北市と新北市は国民党が勝つだろうが、台中の情勢は与野党が接戦、勢力が伯仲しており、もし国民党が台中を落とせば馬英九の政治生命は低まって完全なレイムダックに陥る。

「中国との話し合いは過去六年間の馬政権で円滑化せず、国内の合意形成は難しいばかりか、馬の指導力は限定的である」(英誌『エコノミスト』、2014年3月29日号)。

       ◇◎□  △◇△○◎
 
 
》記事一覧表示

新着順:66/2438 《前のページ | 次のページ》
/2438